HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>他アニメ感想

あまつき 第1話「雨夜之月」

ama010.jpg

オッドアイに定評のある福山。 彼の過労が心配です。


<公式よりあらすじ>
高校一年生の冬、六合鴇時(りくごうときどき)は最先端技術を利用した次世代型博物館・大江戸幕末巡回展を訪れる。そこはCGとの合体により、特殊なゴーグルをかけることで幕末を体験できるテーマパークだった。
ところが散策の途中、鴇時は突如現れた妖(あやかし)、鵺(ぬえ)に襲われ、江戸時代幕末に似てはいるが、人と妖が存在する異世界“あまつき”に飛ばされてしまう。
鵺から鴇時を救ってくれた少女・朽葉(くちは)や、鴇時と同じく幕末巡回展を訪れていたにもかかわらず2年も前に飛ばされていた同級生・篠ノ女紺(しののめこん)と出会い、元の世界へ戻る方法を探す鴇時。
その中で、“人”の側である姫巫女・銀朱(ぎんしゅ)や“妖”の側である梵天(ぼんてん)と出会い、鴇時は自らの使命を知ることになる。
元の世界“彼岸”に帰るために “あまつき”の破壊者となるか、“あまつき”を守るためにその主となるか。鴇時が取る行動とは――。




ama011.jpg

あらすじでは結構先のことまで書いてますね。第1話は鴇があまつきに飛ばされるところまででした。

主人公の名前は六合鴇時(りくごうときどき)。
名前も小難しいですが、性格もこれまたちょっとひねくれた(?)感じ。
日常に退屈している所はギアスのルルーシュ、どことなく周りに無関心な所は隠の王の壬晴に似てるような気がします。今期はそういう主人公が多いんでしょうか。

キャストはドラマCDと同じですね。映像がつくとちょっとまた違うなぁー。
ドラマCDの時は遊佐紺に一番違和感を感じましたが、アニメを見ると福山の鴇もちょっと違うかもと思ってしまった。ギアスを先に見てしまったからかなぁ。
福山は、ギアス・レンタルマギガ・あまつきとやたらオッドアイキャラ多いですね。専売特許確立。

何よりビビったのは夜行の声。あんな電子音ボイスだったのか・・・!


ama012.jpg

目覚めるとそこには紺の姿が。なんと彼は、2年も前にこの異世界に飛ばされたのだという。
時間が経ち過ぎて髪の毛もすっかり真っ黒に。

異世界といっても完全なパラレルワールド、というわけじゃなくて、同じ飛ばされた境遇でも鴇と紺にはかなりのタイムラグが生じているようです。
じゃぁ現代は今どうなってるの?とか、あれ?つまり紺は現在18歳?とか、そもそも時間のズレはどこで生じたの?とか色々謎です。

この状況に、あまり戸惑いを見せない鴇。彼の「なんとかなるかな」という発言に、朽葉は静かに怒りを表す。
うーん、江戸じゃ現代みたいにのらりくらり生きているわけにはいかないからなぁ。
現代っ子の鴇には知り得ない苦労と影が、朽葉には隠されているようです。



ama013.jpg

1話はほぼ説明で終わってしまいましたが、思ってたよりキャラデザとか作画とか悪くなかったので安心しました。
ただOPとEDの雰囲気もあってか、どうも全体的にゆったりしたアニメに見えます。
キャラの増える2話以降に期待です。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yukitomomo.blog71.fc2.com/tb.php/118-7fd03f48

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。