HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>銀魂感想

銀魂第102話「オタクは話し好き」

gin1020.jpg

脚本=大和屋暁 演出=宮原秀二、絵コンテ=高柳哲司 作画監督=尾形健一郎

真選組動乱編2週目。ずっとトッシーのターン!!


gin1021.jpg

身も心もすっかりオタクになってしまった土方。(通称トッシー)
真選組を追い出され、フィギュアと同人誌片手に放浪するその姿はまごうことなきニートです。これはひどい。

土方役の中井さんは2枚目役のイメージが強いので、トッシーをどう演じるか気になっていましたが・・・・あまりのなりきりに思わず吹きましたw普段男前なのに見事なまでのヘタレっぷり!
しかも、目の動きとか挙動不審な感じとか、画もやたらリアルなんだよなぁw なんていうかトッシーに洗脳されそうです。


gin1022.jpg

どうやらトッシーは、タバコを吸った時だけは土方に戻るみたいですw
最後の一本と引き換えに、土方は「真選組を守って欲しい」と銀さんたちに伝える。

一方で、刃を見せ始めた伊東の野望。彼は裏で、敵であるはずの攘夷組と手を組んでいた。
山崎がその不穏な動きに気付くが、土方に知らせる前に万斉の手によって粛清されてしまう。

ザキがザキ(中の人)に刺されたー!!

・・・と、いうのはおいといてw山崎にとっての『真選組』がちゃんと見れたのは珍しい気がします。
せっかくのカッコイイシーンなので、もうちょっと時間かけてやっても良かったかな~と思ったり。
それにしても色がつくと串刺しが生生しいです。「あ、これは死ぬ」と思ってしまったw


gin1023.jpg

トッシーの言動がいちいち気になってしょうがないw数分前のカッコイイ土方はどこそこに。
「坂田氏~」と声を上げながらへろへろ状態です。トッシーモードになると体力まで無くなるのか!


「白」は「黒」に染まることができる色。近藤さんが本当に白色だったら、鴨の言う「黒」になっていたかもしれない。だけど彼の御旗はそんな単純なもんじゃなくて、さながら使い古した褌のようなもの。たくさんの汗と汚れと思い出が染み付いて、そこに黒色が入る余地はない。
あの状況で刀を向けられても余裕を見せていられたのは、鴨の陰謀に薄々気付いていたか、あるいは伊東派についたとされる沖田を信頼していたからでしょうかね。沖田の近藤に対する思いを甘く見てたのは、伊東最大のミス。

沖田が欲しいのは、近藤にとっての副長なんだよ。ということですな。


gin1024.jpg

次週。盛り上がる所だけあって、作画に気合入ってるのがわかります!
予告の画は佐藤さんかと思ったけど、どうやら鶴田さん担当らしい。長編のローテが固定されてますね。
沖田がまるで某新世界の神です。カッコイイ!!バトルも楽しみです。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yukitomomo.blog71.fc2.com/tb.php/122-545594ae

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。