HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>銀魂感想

銀魂第62話「ミイラ捕りがミイラに」

gin620.jpg

脚本=大和屋暁 絵コンテ、演出=藤田陽一 作画監督=鶴田仁美

年に1度(?)の山崎祭り ~今日はある意味オールキャラ~



まずは一言。

まさか公式で修羅MADが拝めるとは思いもしませんでした。

最後の最後でフルverを流してくれるとは!!紅桜篇のかっこよさ総結集って感じですね。
「あの日の思い出を~」のあたりとか歌詞とリンクしてて思わず鳥肌。
今回で「修羅」はおしまいですが、最後にイイもの見せてもらいました。
やってくれるなスタッフ!!ごちそうさまでした。



gin621.jpg


さて、スタッフの言葉通り気持ちを切り替えまして
今回は紅桜篇の後日談です。久しぶりに登場の真選組。
銀さんの顔がなんか色々アレです。土方の銀さんに対するイメージって一体。



gin622.jpg


某作品からゲスト様御一行がいらっしゃいました。


どう見ても青学と氷帝です。
ちょんまげつければなんか銀魂っぽくなると思ってる所がまた憎い。

武蔵が氷帝のユニフォームに袖を通す日が来るとは誰が予想しただろうか。
しかも浮浪者の武蔵に合わせてか、跡部様(らしき人)の麗しきお顔にも
無精ひげが生えていらっしゃる!!!芸が細けぇーよ!!!
なんだか・・・世の純粋な氷帝ファンがビビってないか心配です。笑

山崎の剛速球スマッシュはバズーカ1発分くらいに相当しそうです。(しかしそれでも本家テニスには劣る)
山崎はミントンの王子様で十分やっていけると思います。世界目指せ!



gin623.jpg


山崎の聞き込みタイムスタートなぜか青学ジャージのままですが。
最近登場したあの人から、懐かしのあいつまでオールキャラ総登場です。
山崎はなぜこんなに銀さんの行動範疇を知っているんだ!
各キャラの声が聞けなかったのがちょっと残念。カトケンなんていつ以来?





gin624.jpg


山崎退の災難3連発。


・・・・・馬?




gin625.jpg


ついに潜入操作に踏みこんだ山崎。
忍者の衣装なんてどこでこさえたのか・・・山崎は形から入るタイプのようです
「あはん間中どの」(@いちご100%)のポジションが現在ではTOVEるになっているので
どうなるのかと思いましたが原作どおりいちごできましたね。 
絵柄が加わることにより生生しさ倍増。ハレンチ!
その下に書かれている「権藤、権藤、雨、権藤」・・・・って。

お妙さんの怖さが原作を越えています。ひぐらしがいているのかと。
卵がゆが食物とは思えないオーラを放っています。瘴気?
シャトルが食い込んでも無事だった山崎の眼球が重症です。
恐るべしかわいそうな卵!!!



gin626.jpg


※SOL・・・・大友克洋原作のアニメ「AKIRA」(1988年)に出てくるとりあえず色々恐ろしい衛星レーザー兵器。


相変わらずこのアニメのパロは幅広すぎです。
1988年・・・リアルジャンプ世代は絶対元ネタわからないぞこれ!笑
ちなみに自分も人から聞くまでわかりませんでした。
「ストーカー おしおき レーザー」なんて、ちょっぴり可愛げある割に
破壊力半端なさすぎです。高杉あたりがこれを手に入れたら、多分世界終わる。

ちなみにこの辺のシーンで新八が読んでいる漫画は
最近本紙で連載が終了した「太臓もて王サーガ」だったりします。
今回ジャンプからのゲスト多すぎです。なんてフリーダムな世界!!!

久しぶりに銀魂2大ストーカーコンビ、近藤さんとさっちゃんがはっちゃけております。
特にさっちゃんの声優、小林ゆうの頑張りに乾杯。
途中からララ・ゴンザレス(@スクールランブル)な勢いでした。
こんな芸当ができる女性声優はそうそうおるまい。
ほんとさっちゃんがこの人でよかった、と改めて思った瞬間。



gin627.jpg


なんじゃこの作画―――――!!!!
あの伝説の鍋回を彷彿とさせるスローモーション!
紅桜篇の気合作画でスタッフもお疲れモードではないかと思いきや、
そんなことを微塵も感じさせないハイレベルな演出です。
銀さんの笑いから恐怖へ変わる表情がすごくリアルでイイ味出してます。



gin628.jpg


最後は鉄子の登場により、イイ感じでまとめられました。
ここの2人のやりとりはなんだか凄くほのぼの。
しかし堀の向こう側では四つ巴の死闘が繰り広げられているとは鉄子も思うまい。

でました!銀魂名物作文んんん!!!!山崎の字の汚さに吹きましたw
サブタイの「ミイラ捕りがミイラに」、というのは、
銀さんの魅力に気付いてしまった山崎のことなのでしょうねきっと。
紅桜篇は、山崎の作文をもって本当の終わりだといえるのかもしれません。
おいしすぎるぞ山崎!!!


最後の銀さん。これはひどい地獄絵図。
ある意味本物のミイラになってしまいました。とさ。主人公ー!!!



今週は久しぶりのギャグでしたが、先週命懸けの本気チャンバラやってたアニメとは思えないほどはっちゃけてましたねー。笑わせてもらいましたw
次週は全蔵と阿国のおはなし。ひろし!ひろし!!
バトル→濃厚ギャグ→人情 ときましたか!うまい構成だなぁ。
とても心温まる話なので楽しみです!


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yukitomomo.blog71.fc2.com/tb.php/22-9c380dd1

コメント

相互リンク有難う御座いましたvV
これからもよろしくお願いしますwww
 
今回もアニ銀面白かったですよね!
久しぶりに笑い(?)があってwwwwww
 
こんな感じの銀魂も好きだけど、紅桜編・・・
もっと続いて欲しかったです(泣)
 
だってカッコイイ桂も見納めですよ多分(泣)
この先の話での桂はアホアホばっかり・・・まぁ、アホな桂も大好きなんですがv
 
でわ☆
エリザベス大きいですよね♪でも可愛いから…。


リンク!!あああありがつございます!!(落ち着け
私もリンクしましたァァ♪
>>佐助さん

お返事遅くなってしまってごめんなさい;;
相互リンクありがとうございましたっ!!!こちらこそこれからもお世話になります☆

紅桜篇の桂はほんとかっこよかったですよね~!髪短いのも新鮮でv
思えば、紅桜篇が終わった辺りから桂の天然度が増してきたような気が・・・・
特に教習所の話は、個人的にギャグ話の中でもかなり上位ですww

そういえば、近々アニメで桂メインくるみたいですよ!
楽しみですね~♪

ではでは、コメントありがとうございました☆
>>ヅラ子さん

お返事遅くなってしまってごめんなさい;;
アニメのエリザベスは掴むと「むにっ」と音がする所がなんともかわいいw

そういえば、DVD11巻の裏ジャケは、それぞれの飼い主のコスプレなんですよねっ
今思えばあれってある意味紅桜篇のネタバレ・・・だったのかな?(エリーの中に桂)

相互リンクありがとう☆
これからもどうぞよろしくお願いします♪♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。