HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>銀魂感想

銀魂第68話「渡る世間はオバケばかり」

gin680.jpg

脚本=下山健人 コンテ=麦野アイス・麦野ホット  演出=みなみやすひろ 作画監督=青木あさ子

 gin681.jpg


すっかりアニ銀名物になりつつある『出だしは手抜き』戦法
「作者取材のため休載」セリフにの某狩人×狩人の作者を思い浮かべたのは私だけでいい。

夏祭りの肝試しのため、召集された万事屋一行。
各自着替えたはいいものの、ワーキャーの意味を取り違えているとしか
銀さんはジェイソン、神楽は殺人鬼の魂が乗り移った人形(という設定)
新八は・・・ヤクザのオバケというかガードマンのオバケというか。
もはや「演る気」ではなく「殺る気」満々な格好です。



gin682.jpg


銀さんは吸血鬼、神楽は番町皿屋敷、新八は・・・狼男?
和と洋がごっちゃ混ぜです。新八なんてただの気ぐるみにしか見えない。
なんだかちょっとかわいいですw

客にネタバレはするわ皿は割れるわ哀れみを受けるわで予想通りのグダグダっぷり。
客に同情されるオバケって一体。

乙女お妙⇔暴走お妙 の声の使い分けがうますぎて吹いたw
おりょうが生命の危機です。お妙と仲良くするのは命がけなのか!?死ぬー!!



gin683.jpg


実は落さん、家庭でも職場でも自分の居場所を見つけられず、この肝試しを生きがいとしているのでした。
ここ原作では「家庭では母妻娘がタッグを組み、召使い扱いされている」という設定だったんですが、アニメでは「リストラ→妻子が出て行ってしまう」という、より悲惨なコンボになってました。切な過ぎる・・・。

銀さんに諭されやる気を出したはいいものの、現れた客は屁怒絽男爵。どのオバケより怖ぇー。



gin684.jpg


最後は奥さん(美人!)と仲直りして、ハッピーエンド。

原作とは違い人情オチとなりましたが、これはこれでよかったかなと。
ちょっと唐突な感じはありましたが、やられっぱなしの落さんにも幸せは必要さ!
後味が良いオチになったと思います。
落の名前も原作同様ちゃんと活かされてました。うん、めでたしめでたし。



gin685.jpg


次回。芙蓉編スタート!!ってこの予告じゃどんな話なのかわからんw
次週から3週に渡ってやるみたいですね。
機械類がバンバン出てくるので、まさにサンライズの得意分野満載ではないかと。
色使いなど、かなりアニメ映えする話だと思うんで期待です!!

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yukitomomo.blog71.fc2.com/tb.php/43-c9b5607c

レビュー・評価:銀魂/第68話「渡る世間はオバケばかり」
品質評価 25 / 萌え評価 55 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 41 / お色気評価 2 / 総合評価 28レビュー数 36 件 お祭りの日。賑やかな縁日に背を向け、お寺の境内へ向かう銀時たちの姿があった。自分も祭を楽しみたいとごねる神楽に、持ち回りの役目だからと諭

コメント

予告怖かったですよね。飴舐めてる神楽可愛かった
・・・。やっぱいいわ、銀魂♪
>>石榴ちゃん

こんばんわ☆具合は大丈夫??><
まさか2週連続ホラー予告でくるとは思わなかったよね。笑
しかも色つきだと怖さ倍増w
銀魂スタッフは長編に気合入れてくれるから、来週からが楽しみ~♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。